予備校ダンスフロア

偏差値5のたのしい浪人記録!ポジティブだけが取り柄

自分に合った浪人スタイルとは

 

浪人生、と言っても予備校浪人、自宅浪人、仮面浪人など色々な浪人スタイルがあると思います。

私は初め、去年貯めたバイト代を全額つぎ込み本科性として予備校へ通うつもりでいたのですが、色々あってお金を少し残しておきたいと思ったのと、自分の性格や学力を考えると予備校任せにすると逆に(?)破綻するなと思ったので自分なりに考えた結果、

スタディサプリ+Z会+単科ゼミを中心に半宅浪生活を送ることにしました。

スタディサプリで国語と公民、苦手な部分の補助

Z会で英語、数学の添削

単科ゼミはペースメーカーとして、周りの受験生の緊張感を貰い、分からない問題を質問する場として使おうと思っています。

 

費用はと言いますと、

スタディサプリは年間で12,696円(激安)、Z会は英語と数学で年間114,240円なので、合計126,936円。10万円を超えるともう高くしか感じませんが、予備校と比べると確実に安い。

本当はこれだけで済ませたいなあ、なんて思いつつここに単科ゼミをプラスすると(二次試験に必要な4科目で年間524,400円)、合計651,336円

一気に跳ね上がりました。単科ゼミは予定なのでもうちょっと下がるかもしれません。下げたい。

 

こうして自分で働いたお金で払うとなると、今まで親に払ってもらっていたことが本当にありがたいことだったんだなと思いますね。